color's bouquet blog

日記・ポケモンのネタばれ・拍手返事を書き込みます。コメント・ツッコミの書き込みも大歓迎。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンサン プレイ日記~10日目~

2017/05/14 22:33 ジャンル: Category:ポケモンゲーム
TB(0) | CM(0) Edit

ククイ博士と会うためにマリエ庭園へと行く。
ハウからククイ博士は茶屋にいると言うことで探すのだが橋の上にはトレーナーがいて何故か遠回りさせられるがククイ博士に会うことができた。


ウルトラビーストに会った話をする。

天文台に行くのでバス停にて待ち合わせをする。


町へ行くとナリヤ・オーキドにあう。


オーキド・ユキナリの従兄弟でリージョンフォルムについて研究しているがアニメではポケモンスクールの校長。
ロトム図鑑はカロスの少年が開発したと発言を聞けるからシトロンが作ったと思われる。


リーリエが図書館へ行くので図書館へ向かいそこでリーリエと話すとハウプと再会する。


図書館の2Fへ行くとリーリエがアローラの伝説の本を探し始めます。


そこへアセロラがやって来て本を見せてくれます。

祭壇とか笛とかアル何とかのDPの噂の未解禁イベントみたいなやつかなぁ。
思い馳せ、次の電気の試練に向かうのであった。


アセロラはすごい一族の末裔とのこと。

この後、バス停に行くとスカル団がバス停の看板をもって帰ろうとしていた。

スカル団を倒すとククイ博士が後からやって来た。


ホクラニ岳の天文台へ向かうのだが博士がホクラニ岳はアローラで2番目に高い山と教えてもらう。
そしてアローラで1番高い山ラナキアマウンテンを教えてもらうと博士は夢を語りだす。
島巡りの終えた後ラナキアマウンテンに行くようだが博士はそこにポケモンリーグを作りたいとのこと。

天文台へ行くとククイ博士の友人のマーレインと話をする。
ククイ博士のことをロイヤルマスクを呼んでいる。
マーレインと対戦になるがマーレインの使うポケモンは鋼の為ニャビーで苦戦は一切しなかった。
スポンサーサイト

ポケモンサン プレイ日記~9日目~

2017/05/14 00:44 ジャンル: Category:ポケモンゲーム
TB(0) | CM(0) Edit

ザオボーの招待でエーテルパラダイスに到着。

ビッケに案内してもらい、エーテル財団の中を見学。
奥へいくとエーテル財団の代表がいる。

話を進めていると突然UBが現れる。

????出ているけどもう名前知っているだろうしウツロイドだね。
下調べせずに挑んだので鋼かなと予想たててニャビーの火炎放射がきかなく色んな技で試すも撃退中は何タイプか分からなかったが調べると岩毒だった。見た目から全く想像できなくてびっくりした。

撃退終わるとウツロイドは消えていった。
あの子が居ないとダメねと言っていたがほしぐもちゃんのことかな。
イベントが終わると3つ目の島へ

島へ到着するとハウとバトルに

ハウのピカチュウがアローラライチュウに進化していたことによりアローラライチュウには苦戦したが他のポケモンは大丈夫だった。

次はマリエ庭園でハウと一緒にククイ博士と合流だ。

=ポケモン=
プレイ時間27:10
アローラ図鑑(13%)
見つけた数118
捕まえた数44

ニャビーLv40
ピカチュウLv35
アブリーLv35
デンジムシLv35
ドロバンゴLv33
ニャースLv32

プロフィール

ミリ・オンズ

Author:ミリ・オンズ
ポケモン大好き♀
ポケモン歴は18年
特に波導ネタが大好物

ポケモンアニメは第一話から見続ける。
金銀編の中期は受験の為見れなかったがほとんど欠かさず見続けてる、ポケモンマニア

自称ポケモン孵化廃人。
ポケモンバトルは好きだが育成はやや苦手。
バトル歴はエメラルドの頃。
(2005年の大会で予選1回戦負け)
電気使いとラグラージ使いの称号がついた。

対人戦用に育成しているので仲間内のポケモンバトルにはちょくちょく参加している。

イラストは描くがカラーブーケの前身MiRiのサイト開設当時より描かなくなった。

DPpシリーズまではポケモンカードも集めていた。
卒業はしてないですが現在は集めていない。
ルールは少し覚えてるのでたぶんできるかなぁ。

改造はNG。個人的に楽しむ分には構いませんが周りに迷惑かけないようしましょう。

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。